キャッシング・ローン比較ショップ


ナビゲーション

キャッシング・ローン比較ショップ(トップ)
実質年率
限度額
審査が早い
来店不要
レディースローン
ビジネスローン
不動産担保ローン
      

キャッシング利用法
申し込み方法
審査のポイント
消費者金融の選び方

 

 



キャッシング利用法


平日の日中は、なかなか銀行に行く時間がなく、結局出金するのは時間外や週末になってしまう、という人は少なくないでしょう。でも、その度にかかる時間外手数料の105円。少しでも金利の良い金融商品を、と探している一方で、手数料を取られていてはそんな努力も水の泡です。

時間外や、コンビニATMの利用手数料が無料になる、というサービスを各金融機関も行っていますが、そのサービスを受けるためのハードルをクリアするにはいろいろな諸条件もあり、ハードルが高いことも。そのような場合には、高金利と思っているキャッシングの方が銀行手数料より安くすむ場合もあります。 カードローンの返済は、基本的にはリボ払い(毎月一定額を決めて返済)ですが、一括返済も可能で利息は日割り計算となります。つまり、年利18%のものでも、1日あたりの利息は0.049%(1年365日として計算)。借入金額がさほど多くなく、数日で返せるのであれば、銀行の手数料より安くすむというわけです。?5万円を土曜日に借りて月曜日に一括返済した場合の利息は次の表のようになり、いずれも銀行の手数料105円を支払うより安くなります。

さて、出金する時は近くのコンビニが利用できても、コンビニのATMは硬貨の取扱いができないものが殆どです。つまり、利息額と合わせて丁度の額を一括返済するためには、提携銀行のATMを利用しなくてはなりません。銀行のATMも本支店ではないと硬貨が取り扱えないため、銀行の店舗が利用しやすい場所にあるかどうかが重要になってきます。何日も返済ができないようなことがあると、かえって利息がついて不利になりかねません。実際に利用する場合には、キャッシングの利便性に加えて、なるべく早く返済するために、返済のしやすさも、どの商品を選ぶかの、重要なポイントとなります。

また、万一延滞などしてしまった場合には、その後のカードやローンの審査に影響を及ぼす場合もありますので、返済には十分気をつけ、便利にお得に利用したいものです。

 

   運営者情報  サイトマップ